専業主夫のコラム 未分類

貴乃花親方という革命家

投稿日:

みなさんこんばんは、体型だけは関取の専業主夫にゃはっぴーです。

昨日テレビ朝日系の独占取材という形で貴乃花親方が今回の一連の騒動についてインタビューに答えられている映像が配信されました。

長い間沈黙を守っていた親方の初めてのインタビューということで観られた方も多数いらっしゃると思います。

今回はそんな貴乃花親方のインタビュー(というか独白?)について、いち相撲ファンであるにゃはっぴーの感じたことを書こうと思います

貴乃花親方は何がしたかったのか?

今回の騒動の中心である貴乃花親方。

テレ朝のインタビューに親方は「子ども(弟子)を守りたかった」と、しきりにおっしゃっていました。

それと「相撲協会に義を通す」とも。

親方の発言の裏には何があるのか?

貴乃花親方の発言は一見論理的かつ常識的に受け止められます。

わたしも自分の愛娘を傷つけられたら同等かもっとひどい手段に打って出ると思います。

そういう点では親方の発言や考え方に共感を覚える方も多いでしょうし、私自身もその一人です。

 

ですがその発言は本心からなのでしょうか?

まっすぐで知られた貴乃花親方ですので裏はないと思いたいですが、理事選は権力闘争ですのであの手この手を使うこともあるのではないでしょうか?

正直であればいいわけではない

仮に貴乃花親方の言い分が100%正しいとしても今回の騒動の原因は明らかに親方にあるのではないでしょうか?

相撲協会という組織に所属している以上、混乱を防ぐためとはいえ協会に対してダンマリは良くないです。貴ノ岩と横綱・日馬富士、貴乃花親方と伊勢ケ浜親方は当事者同士なので捜査が終わるまで接触を持つべきではないと思いますが、相撲協会に対しては一定の緊張感を持ちつつも柔軟に対応すべきだったのではないでしょうか。

 

自分の考えと違うから一切会わない話し合わない、では組織の中では生きていくことは難しいでしょう。

 

中学生くらいの子供が「僕は正しいことをしているんだから、おかしいのはお前らだ」とクラス内で大声でいきがっている感じがします。

 

世の中正しいことだけで回るのでしたら戦争はありませんし警察もいりません。

ご自身の正義感を相手にも求めるのは社会人としてはどうかと思います。

革命家は周りの人間を不安にする

おそらく貴乃花親方はご自身の相撲道・正義感に照らし合わせて、現状の相撲協会を改革したかったのではないのかと推察します。

わがままと紙一重の正義感を振りかざして相撲協会とそれを取り巻く環境を変えていきたかったのではないか。

 

組織を変える、世の中を変える革命家という存在は、自分の中にある価値観が唯一無二であるがために周りの人間から不安視され敵対視されることもしばしばあります。

 

貴乃花親方がことを成そうとするなら周りの人間に配慮できる人材をそばに置くことが重要です。そうでないとますます親方の孤立は深まるばかりでしょう。

 

相撲協会と貴乃花親方のこれから

ここまで貴乃花親方について社会人という観点から批判してきましたが、相撲協会に至っては論ずるに値しない組織です。

八角理事長や春日野親方、尾車親方など一人一人の親方は魅力的な関取でしたし、人間的にもすばらしい方々だと思います。

しかし組織に入ると途端にダメになってくる。ある意味政治家と似ていますね。

おそらく相撲協会という組織が人間を腐らすのでしょう。

 

相撲協会を病気になった患者に例えると、貴乃花親方という存在は内服薬です。

内服薬を服用してみて病気が快方に向かうようでしたらそれで結構なことですし、もし治らないとなったら外科的治療が必要になってくるでしょう。

 

貴乃花親方においては一歩引いて客観的な視点で相撲協会と対峙してほしいものです。

 

いずれにしても日本には古来から『玉虫色』という素敵な言葉もあることですし、皆で折り合いをつけながら私を含めたたくさんの大相撲ファンのためにいい相撲を見ることができる環境づくりに尽力してほしいものです。

 

大相撲ファンのにゃはっぴーでした。

 

-専業主夫のコラム, 未分類
-, ,

Copyright© 専業主夫にゃはっぴーの考察日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.