お金

自己破産を申請して1年後の暮らし

投稿日:

みなさんこんばんは、専業主夫のにゃはっぴーです。

今日は以前このブログで書いた自己破産についてその後の経過を書こうと思います。

以前の記事はこちら→『自己破産できない主夫

面倒くさいので結論から申し上げますと・・・・

・・・

・・・なんも変わってねぇ!!

です。

嘘です(真顔)

1年も経ったのに変わったことがないはずがない。

むしろ悪化した!!

法テラスで弁護士の先生と相談した結果、自己破産を申請すると決めたのが2017年2月。

このブログを書いているのが2018年1月30日。

ちょうど1年が経ちました。

一年前の計画ではとっくに免責が下りているはずなんですが、結果として下りていない。

なぜ自己破産の免責が下りていないか説明します。

それは自己破産の申し立てをすることができていないからです!!(白目)

以前の記事でも破産管財人の費用が工面できないことをお話ししましたが、いまだに工面できていません。

クズな専業主夫の自分なりに原因を考えてみました。

なぜ破産管財人の費用が工面できないか?

弁護士の先生と最初に立てた計画では3月~7月の5か月間で3万円づつ積み立てて、それから自己破産をする予定でした。

月々の3万円の財源は日払いのバイトとパート代とアフィリエイト報酬をあてる予定でしたが、現実はどうなったかというと、

  • パート代(約9万円)→生活費に消える
  • 日払いのバイト→持病が悪化したので断念
  • アフィリエイト報酬→ドメイン代とサーバー代、有料テーマ代くらいしか稼げていない

まさに捕らぬ狸の皮算用とはこのことです。

1年前の自分を殴ってやりたい気持ちです。

さらにそれとは別に我が家に深刻的な問題が発生しています。

ホームレス間近

みなさんは「家賃を4ヵ月滞納したら家を追い出されても文句は言えない」って知っていますか?

賃貸契約により2か月滞納しただけでも追い出されることはありますが、大体の賃貸物件ではマックス4カ月になっています。

大家さんも家賃収入があることを見越してローンで物件を建てているので、家賃が入ってこないと困りますよね。

で、現在我が家の家賃滞納額ですが、32万円(4か月分)です←ヤバい

あと1日で8万円を振り込まないといけないのですが、お金がありません。

ふぅ~

このブログを書くにつれ絶望的な気分になりました。

とりあえず今日管理会社に電話をして相談させていただこうかと思っていますが、事ここに至っては突然玄関のカギを変えられていても文句の言えない状況です。

そのほかにも・・・

家賃がアレなんで、想像つくかと思いますが電気・ガス・水道・年金・健康保険すべて滞納状態です。

これからどうするか?

過ぎたことを言っても始まりません。

読者の方から「お前が言うな」とお叱りを受けそうですが、それが現実です。

以前として体調は悪いままですが、改めて単発日払いのバイトを探そうと思います。

自分の人生どこで歯車が狂い始めたかはわかりませんが、少しずづでも前に進まないと何も解決しませんしね。

これ以上書くと私の豆腐メンタルがやられてしまうので今日はこの辺で。

その後どうなったかはこのブログで報告します。

専業主夫のにゃはっぴーでした。

-お金
-, , ,

Copyright© 専業主夫にゃはっぴーの考察日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.